title

シアスマの効果と副作用について解説します。

シアスマの効果

シアスマはED治療薬なので、その効果はもちろんEDを改善することです。

性的刺激を得た際、血管が正常に拡張することをサポートします。これによって視覚や聴覚から性的刺激を得ることで、全身の血管が広がり、結果として陰茎海綿体に流れ込む血液の量が増加します。

十分な量の血液が流れ込むことで陰茎海綿体が大きく膨張すれば、それにあわせて男性器も大きくなり、そして硬くなります。

また、シアスマを服用することで勃起の持続力向上も期待できるので、中折れ(挿入中、自分の意思に関係なく萎えて行為を継続できなくなること)に悩む方にもおすすめです。

ただし、シアスマに媚薬効果は一切ないので、その点を勘違いしないようにする必要があります。

ED治療薬を服用することで性欲が過剰にあふれ出るのではないか、と危惧する方もいますが、その心配はありません。

ED治療薬はあくまでも勃起できる状態をつくるための医薬品であり、性欲増進効果は含まれていません。

また、ED治療薬を服用することで自然に勃起する、というのも誤った認識です。ED治療薬は興奮剤ではないので、服用したとしても勃起するためには何かしらの性的刺激を得ることが必須条件であることは変わりません。

シアスマの作用機序

シアスマが上記の効果を発揮するのは、主成分であるタダラフィルが作用しているためです。

タダラフィルは、EDの原因であるPDE5のはたらきを阻害する成分。

勃起するためには、性的刺激を得ることによって増加した体内物質cGMPの血管拡張作用が必要不可欠です。cGMPが体内で増えることによって全身の血管が拡張し、血の巡りが活発化します。このおかげで陰茎海綿体に流れ込む血液量が増加し、勃起します。

しかし、PDE5にはcGMPを分解するはたらきがあるので、何らかの原因によってPDE5の割合が増加すると、性的刺激を得てもcGMPが作用する前に次から次へと分解されてしまいます。

その結果、勃起するまでに時間がかかったりまったく勃たなくなったりといった症状が現れます。

このようなメカニズムで起こるEDに対して、シアスマは効果的。

タダラフィルがPDE5を阻害することによってcGMPが過剰に分解されることを防ぐので、低下した勃起機能を改善・向上させることができます。

シアスマの特徴

現在開発・販売されているED治療薬は、シアスマのほかにもたくさんあります。

シアスマはシアリスのジェネリック医薬品として開発されましたが、それと同じようにバイアグラやレビトラのジェネリック医薬品として開発されたものも少なくありません。

いずれもPDE5を阻害することでEDを改善し、勃起をサポートする点は同じですが、それぞれに異なる特徴・違いが見られます。

では、シアスマにはバイアグラやレビトラのジェネリックと比較して、どういった特徴があるのでしょうか。

バイアグラ系と比較

世界で初めて開発・販売されたED治療薬として知られるバイアグラ。

主成分シルデナフィルの優れた効果により、販売当初から今に至るまで、多くのED患者を救ってきました。

現在はバイアグラを元にして開発したバイアグラジェネリックも多く、同じようにEDに対して高い効果を発揮します。

シアスマとバイアグラジェネリックを比較した際、最も大きな違いとして挙げられるのが「持続時間」です。

バイアグラジェネリックは総じて効果の持続時間が約6~8時間であるのに対し、シアスマは約24~36時間。長時間にわたって

パートナーとの営みを楽しみたい方、肝心なときに忘れないよう、朝のうちに服用しておきたい方におすすめです。

また、バイアグラジェネリックが食事の影響を受けやすいのに対し、シアスマは食事の影響をほとんど受けないことも特徴のひとつとして挙げられます。

バイアグラジェネリックの場合は食事をして間もないうちに服用すると、成分の吸収が阻害されて効果を最大限に発揮できない可能性があります。

しかし食事の影響を受けにくいシアスマなら、仮に食事をした直後に服用したとしても成分の吸収率が低下しにくいので、ED治療薬としての効果を最大限に発揮してくれるでしょう。

そのほか、バイアグラジェネリックに比べて副作用のリスクが少ないこともポイントです。

バイアグラやそのジェネリック医薬品を服用したことによって副作用が生じていた方は、シアスマにシフトしてみるのもひとつの手です。

レビトラ系と比較

バイアグラに続いて開発・販売されたレビトラは、優れた即効性が大きな特徴。

もちろんレビトラジェネリックも同じように即効性に優れており、服用してから約30分で効果を発揮します。体質や空腹状況によっては、たったの15分程度で効果が現れたという報告もあるようです。

シアスマは持続時間に優れている反面、効果が現れ始めるまでの時間は少しゆっくりしています。服用してから2~3時間で効果を発揮するとされているので、なるべく早く効果を実感したい方はレビトラジェネリックを使用することをおすすめします。

しかし、持続時間についていえばシアスマのほうが圧倒的に優れているので、性行為をする直前に服用しなくても効果を発揮することを考えると、どちらを使用するかは好みによって分かれるのではないでしょうか。

食事の影響や副作用については、いずれも大差がないとされています。

シアスマの軽度な副作用

すべての医薬品は病気や症状を治療するために開発されているので、本来なら人体に良いものであるはずです。

しかし、病気・症状を治療するために配合している成分の効き目はどれも強力なので、服用することによって開発当初に狙っていた効果とは別の効果を人体に及ぼすことがあります。これが一般に「副作用」といわれているものです。

副作用はどのような医薬品を使用しても起こりうるため、治療をする際はうまく付き合っていく必要があります。

もちろんシアスマにも、軽度なものから重度なものまでさまざまな副作用が確認されています。

服用したからといって絶対に副作用が生じると決まっているわけではないですが、どのような副作用が起こる可能性があるのかを知っておくことで、いざというときにスムーズに対処することができます。

まずシアスマの服用によって確認されている、軽度な副作用を紹介したいと思います。

よく報告されているのが顔のほてり、頭痛、めまい、目の充血などです。特に顔のほてりと頭痛は発症報告が多い副作用です。

しかしこれらの症状は軽度のまま自然に治っていくことがほとんどであり、「まったく気にならなかった」という方も少なくありません。

こうした副作用はいずれも、有効成分タダラフィルの血管拡張作用によるもの。

たとえばシアスマの服用によって顔がほてるのは、服用前に比べて血のめぐりが活発化しているためであり、また頭痛が起こるというのも、血管が拡張することによって脳内の神経が圧迫されているためです。

つまり、上記の副作用が発症したということは、逆にいえばシアスマが正常に作用していると捉えることができます。副作用が生じたからといってすぐに不適切なED治療薬と見限るのではなく、「ED治療薬としての効果しっかり発揮してくれている」と前向きに捉えてみるといいかもしれません。

ちなみに、副作用として頭痛が生じた場合は、市販の鎮痛薬であるロキソニンを使用することで痛みを緩和することができます。シアスマとロキソニンは併用可能であり、危険な副作用は確認されていないので安心してください。

ただし、胃腸が弱い方は胃が荒れる可能性があるので、念の為に胃薬を準備しておくといいかもしれません。

しかし、いくら上記の副作用を発症したとしても、その症状が強く現れている場合、シアスマの効果が切れてもなお継続している場合は黄信号。医療機関で医師の診察を受けることをおすすめします。

シアスマの重い副作用

シアスマを服用したからといって必ず副作用が生じるとは限らず、また何かしらの症状が現れたとしても軽度であることがほとんどです。

しかし、だからといって油断はできません。

場合によっては、命にかかわるほどの重篤な副作用を引き起こすこともあります。

先ほどはよく起こり得る軽微な副作用に関して紹介しましたが、重篤な副作用に関しては起こる可能性こそ低いものの、その症状が現れると体になんらかの障害が残ってしまったり、時には命にかかわるような事態にもなりかねないので、しっかりと把握しておくことが必要です。

シアスマの服用によって生じる可能性がある重篤な副作用として、蕁麻疹や多汗、腎機能障害などが挙げられます。

国内で行われた過去の臨床試験によると、これらの症状が発症する確率はいずれも0.2%未満とされており、シアスマを正しく服用すればほとんど心配する必要はありません。

しかし絶対に発症することはないと断言できるわけではないので、より確実に回避するために決められた服用方法に従って使用するようにしましょう。

また、心筋梗塞や脳卒中など、命の危険にかかわるほどの症状が発症する可能性があるともいわれています。これらの副作用も報告はほとんど0に近いですが、それでも絶対に起こらないとは言い切れません。

このような状態になってしまっている方がいる以上、なんらかの条件で起きてしまう可能性はあります。

そのため、細心の注意を払って使用すること、そして正しい服用方法に従って服用することが大事なのです。

万が一こうした重篤な副作用が生じた場合は、ただちにシアスマの服用を中止し、すみやかに医療機関で診察を受けるようにしましょう。

特に心筋梗塞や脳卒中などの症状は手遅れになってしまうと、命を落としかねないので、早期の対処が必要となります。

シアスマによる副作用かどうかがわからない場合でも、シアスマを服用してから身体に何かしらの違和感があった場合は医師に相談することをおすすめします。